So-net無料ブログ作成

エージシュートで優勝なんて・・ [寝言・・・]

スポーツニュースは、亀田ファミリーの話でいっぱいですが、

スポーツ界は、季節の変わり目です。

野球は日本シリーズにワールドシリーズ。

フィギュアスケートはGPシリーズの開幕です。

 

そんな中、目立ったニュースになっていませんが、

なんと、シニアツアーの日本シニアツアー選手権で、

青木功が、最終日に8アンダーの65で優勝。

この65というのが、なんとエージシュート!

あのパッティングも顕在です^^

 

 

エージシュートとは、

自分の年齢と同じ数以下でラウンドすることで、

青木功って、もう65歳なんですね・・

 

むかし昔。父が青木功ブランドのパターを買ってきたことがあります。

「青木功」って刻印がありました^^;

さっそく、練習用のマットで打ってみましたが、打てない打てない^^;

ストレートネックで、手首を支点にしてパチンと叩けと。

しかも、スイートスポットを外して、トゥよりのネックの付け根で打て・・

なんて、同じ球筋が2度と打てません。打てるわけないだろ~(><

買った父も、ラウンドで使ったかどうか・・^^;

 

なんて、シロウトの話はともかく、

最終ホールのパッティングを見ると、パターが違う・・?

調べてみたら、パターを換えたそうで、そのせいで好調なんだとか。

でも、あの独特のパッティングスタイルは変わってません^^

いいですね。カッコいい。

 

「高齢化社会」という言葉が、私は個人的に嫌いなのですが、

65歳でエージシュートを達成して、しかも優勝。

 

亀田大毅は19歳。

安藤美姫は、まもなくハタチ。

ルイス・ハミルトンは22歳。

スポーツ界の中心世代が若く若くなっていく中、

シニアツアーとはいえ、65歳で優勝なんて、

「高齢」とは何歳からなのか・・と考えさせられる、

とてもいいニュースです。


タグ:スポーツ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。